人気ファンデーション選び方の秘訣とメイクの方法

江原道ビジョンファンデーションのトライアルセット

ノーズシャドウのポイント

鼻筋に立体感を出すため、あるいは離れ目を感じさせないために欠かせないのがノーズシャドウ。ハイライトと並んで鼻筋を魅力的に演出させるために重要な役割を果たすメイクです。

しかし、鼻筋は顔の中でももっとも目立つ場所だけになかなか難しい面もあります。

ノーズシャドウでまず注意しなければならないポイントは「均一に塗ること」。ムラができてしまうと目立ってしまうため、注意が必要になります。塗る前にシャドウを手の甲に乗せ、しっかりと馴染ませておくと均一に塗りやすくなります。

塗る際には中指で、眉から小鼻にかけて少しずつ乗せていきます。ここで大事になってくるのが「乗せる」こと。擦ったりするとファンデーションがよれるなど問題が生じることがあるので注意しなければなりません。丁寧に作業を行いたいものです。

ノーズシャドウをうまくやると立体感ができ、鼻筋が非常に魅力的になります。ハイライトと組み合わせることで効果はさらに高まります。ただし、「やりすぎ」には注意。あまりどぎつい色でやったり、やりすぎてしまうと威圧感のある顔になってしまう恐れがあります。鏡で見てノーズシャドウを意識しないくらいのレベルで行うのが最適です。

平面的な顔立ちに悩んでいる人はハイライトやチークに加え、このノーズシャドウもうまく使いこなせるようにしたいものです。